媒介報酬について

媒介報酬とは

媒介業者が売主または買主、もしくは売主と買主の両方の間に立って、 不動産のプロとして取り引きがスムーズに行われるように手続き等を行ったことに対し、 支払う報酬のことです。
次の3つの要件がそろってはじめて支払い義務が生じます。

  1. 媒介報酬の支払い要件
    1. 業者と依頼者との間で媒介契約が成立していること
    2. その契約に基づき業者が「媒介行為」を行うこと
    3. その媒介行為により売買契約等が有効に成立すること
「媒介行為」とは
契約成立に向けて、現地案内、物件・権利関係などの調査・説明などを行うこと

報酬額の制限

業者が受け取ることのできる報酬の額は、国土交通省の告示により最高限度が定められています (宅地建物取引業法第46条)。業者が課税業者(当社も課税業者です)の場合は以下の通りです。

  1. 報酬額の最高限度
    200万円以下の金額100分の5.4 (5.4%)
    200万円を超え400万円以下の金額100分の4.32 (4.32%)
    400万円を超える金額100分の3.24 (3.24%)
    *小数点以下は消費税相当分

例えば、1,000万円の物件の媒介報酬の最高限度は以下のように計算します。

媒介報酬の計算方法

ひらめきマーク 400万円を超える物件については、以下の速算式が適用できます。

媒介報酬の速算式

速算式の6万円について

  1. 6万円って何?
    • 「物件の金額の3%+6万円」 よく見かけますが、6万円って何でしょう?
  2. 400万円以下の部分の報酬の差額です。
    • 前述の1,000万円の例で見ると、以下の図のようになります。
    6万円の説明
    • 「200万円以下の金額」、「200万円を超え400万円以下の金額」の最高限度の差額を補正するのが 『6万円』というわけです。
ロゴ+誠朋建設

997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町 27-20

 0235-22-5121

営業時間:8:00 ~ 17:00

定休日:日曜日・基本的に第 2、第 4 土曜日

詳しくは営業日カレンダー