推進工事技術

当社が得意とする、『推進工事』の技術についてご紹介いたします。

推進工事とは

わたしたちの生活に必要な上下水道、ガス、電力、通信などのライフラインを、 地中に管きょ(地下水路を幅広く指す言葉)として埋設する工事のうち、次に示す非開削工事のことです。

管きょの埋設方法には、開削工法と非開削工法があります。

開削工法
直接地面を掘削し、その底面に管を設置し、埋戻します。
非開削工法
立坑(垂直に掘削された坑道)を設け、 そこに設置したジャッキにより管を押し込みながら管路を構築していきます。
  • 開削工法
    開削工法
  • 非開削工法
    非開削工法

非開削工法は地面の掘削を大幅に削減できるため、工事占有面積の減少により、 騒音や振動、粉じん等の工事公害を最小限に止め、道路規制に伴う渋滞等、生活への影響を低減できる工法です。

当社の推進工法

多種多様な推進工法の中から、土質、管路延長、管種・管径等を考慮し、 最適な工法を選択する必要があります。当社で施工可能な工法は以下の通りです。

工法 方式 装置型番 管種 呼び径 適用土質
アイアンモール工法 泥土圧オーガ方式1工程 TP40SCL 塩化ビニル管 φ200~300 mm 粘性土
砂質土
砂礫土
  • 高耐荷力・低耐荷力併用式
  • 泥土圧方式1工程
  • オーガ方式1工程
TP60S ヒューム管 φ250~300 mm
塩化ビニル管 φ300~400 mm
エンビライナー工法
  • 低耐荷力方式
  • オーガ方式1工程
  • 泥土圧方式1工程
SH-355 塩化ビニル管 φ150~350 mm 粘性土
砂質土
砂礫土
軟岩
礫・玉石混り土
スピーダー工法
  • 圧入方式2工程
  • 泥水方式2工程
SR-30FT 塩化ビニル管 φ150~300 mm 粘性土
砂質土
砂礫土
鋼管 φ150~300 mm
うりん坊工法
  • 鋼製さや管方式
  • 低耐荷力方式
  • 圧入式
90S 塩化ビニル管 φ100~200 mm 粘性土
砂質土
砂礫土
鋼管 φ100~350 mm
リンクのある工法について、当社は協会員です。

当社の立坑工法

非開削工法のための立坑には、当社では以下の工法を用いています。

工法 方式 装置型番 呼び径 適用土質
PIT工法 鋼製ケーシング方式 PC1520 φ1500~2000 mm 粘性土
砂質土
砂礫土
PMP-Ⅱ工法 コンクリート製沈下方式
マンホール1号~5号 粘性土
砂質土
砂礫土
リンクのある工法について、当社は協会員です。
ロゴ+誠朋建設

997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町 27-20

 0235-22-5121

営業時間:8:00 ~ 17:00

定休日:日曜日・基本的に第 2、第 4 土曜日

詳しくは営業日カレンダー